文章が苦手な起業家さんほどビジュアルブランディングに注力して。

 

初めまして。
主人の江藤智と共にビジュアルブランディングフォトをご提供している妻の有紀です。

 

普段は主にSNSを使って自分のビジネスを行なっていますが、こちらのブログではブランディング担当ということでコラムを書いていきますね。

 

初回の記事は…文章が苦手な起業家さんほど、ビジュアルブランディングに注力して欲しいという話です。

 

 

文章が苦手な人こそビジュアルブランディングは味方になってくれる。

 

「人は見た目が9割」という本がブームになったこと、覚えてますか?

もちろん9割というのはちょっと大げさだとしても、実際に人は相手の話していること以上に見た目で判断します。

その理由としてメラビアンの法則をご紹介しましょう。

 

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則とは、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念のこと。
話し手が聞き手に与える影響を、研究と実験に基づいて数値化したものです。

話し手が聞き手に与える影響は「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3つで、それぞれの情報の影響力は以下の割合であるというものです。

言語情報…7%
聴覚情報…38%
視覚情報…55%

 

「見た目が9割」のうち「見た目」に当たるのは「視覚情報…55%」ですね。
それに「聴覚情報…38%」を足すと93%。9割になりました。

 

つまり言葉(言語)以外の93%で、目の前の相手はあなたのことを理解するのです。

 

これらを総称してノンバーバルコミュニケーションとも言われます。
(ノンバーバル=非言語)

ちょっと小難しい話になりましたね!

 

私は大学の時に情報コミュニケーション学部に所属していたのですが、学校の授業の中で1番!衝撃を受けたのが「ノンバーバルコミュニケーション学」という授業だったのです。

 

そこで初めてメラビアンの法則やノンバーバル(非言語)コミュニケーションについて知り、「人間が情報判断する基準って、意外とざっくりなのね?!」とびっくりしました(笑)

 

そこからノンバーバル(非言語)を使ったコミュニケーションに興味が湧いて、心理学や認知行動学、視覚情報をコントロールするデザインやパーソナルカラーについても独学で学びを深めていったのでした。

 

 

つまり何が言いたいか?って…

 

あなたが頑張って書いたブログの文章よりも、徹夜で考えたスピーチの内容よりも…パッと見の印象の方が強く相手には印象に残るということなのです。

 

ということは、私が今頑張って書いているこの文章も…?????

 

それは悲しくなるから考えるのをやめておこう。

 

 

SNS起業を制するのはビジュアルだ!

 

近年、政府の政策やブームもあって、女性で副業やプチ起業に興味を持つ人が増えましたね。

私も自分のメインビジネスの方で女性の副業や起業をサポートすることも多いのですが、皆さんパワフルで素敵な人ばかり!

ぜひ、これから活躍して欲しいなと私もサポートに気合いが入ります。

 

ですが…よく「もったいないなぁ」と思うことがあります。

 

女性の一人ビジネスの場合、まずはリスクを最小限に止める上で、無料で使えるSNSツールを使ってお客様との出会いを作るケースが多いです。

具体的にはこのようなもの。

 

・アメブロ
・Facebook
・インスタ
・メルマガ
・LINE@

 

メルマガやLine@は有料プランを利用する人も多いですが、基本的には無料ツールを使って起業活動をはじめる人が多いでしょう。

 

少し考えてみて欲しいのですが、これら無料で使えるSNSでの発信媒体の主役は文章です。

 

ブログもしかり、メルマガもしかり。
写真が主役なのはインスタくらいでしょうか?

そこでSNS起業に挑戦する皆さんは、第一の関門にぶつかります。

 

「文書を書くのがツライ…」

「書いても書いてもお客さまが来ない…」

 

もちろん中には、読み手の心をギュッと掴んで離さない素敵な文章を発信される方もいらっしゃいます。

 

ですが、多くの場合は慣れない文章を頑張って書こうとして挫折したり、集客のための発信に注力するあまり、本来の業務に差し障りが出たりします。

 

さて、ここで冒頭にご紹介したメラビアンの法則とノンバーバルコミュニケーションのことを思い出してみましょう。

 

文章が苦手な起業家さんが頑張って書いた文章を相手が読んだ時、その人に与える情報の9割は…文章以外!!!

 

なかなか悲しい現実ですね(笑)

 

ということは、私が今頑張って書いているこの文章も…?????(2度目)

 

発信の9割に影響する写真はブランディングの最強ツール

 

お客さまの心を掴む文章術(ライティングスキル)を磨く起業家さんは多いですが、それ以上に相手に影響を与えるビジュアルに注力している人は少ないです。

ですが、それはチャンス!

 

文章が苦手な人でも相手に与える影響力を増大させることができる、ビジュアルの力を生かさない手はありません。

 

私は前職のOLでは、主に商業施設のビジュアルブランディングを担当しており、多くの販促媒体の製作に携わってきました。

その中で最も気合を入れて準備するのが写真です。

 

視覚情報に関わる要素は、デザイン・カラー・文字の書体など複数ありますが、最も影響が大きいのが写真なのです。

写真のクオリティ1つで商品やイベントの売上がガラッと変わることは、よくあることです。

 

もし、あなたがSNSを使ってビジネスを考えていて、文章が超得意!であれば、そこまで写真に気合を入れる必要はないかもしれません。
顔出しせずとも文章だけで人の心を掴むことができるでしょうから。

 

ですが、もしあまり文章が得意でなかったり、文章を練習するよりも本来の業務に集中したいなら、写真をメインとしたビジュアルブランディングに取り組んでみるのはオススメです。

 

写真は最強のビジュアルブランディングのツール。

その意図を込めて、私たちの撮影メニューを「ビジュアルブランディングフォト」と名付けました。

 

たった1枚の写真がご縁も未来も運んでくる。

 

あなたのビジュアルブランディングを後押しする最高の写真。

私たちにお任せくださいね。

 

一緒に「欲しい未来」を運んでくる写真を手に入れましょう。

 

 

これ1冊でビジュアルブランディングの全てがわかるマニュアルを製作しました。

詳細ページはこちらです。

価格:5,000円(全28P)

クレジット決済のみでの販売です。決済後すぐにダウンロードできますので、今日からブランディングを強化したい人にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

 

 

私がブランディングを担当する撮影企画も準備中です。

よければLINE@にご登録の上、告知をお待ちいただけたら嬉しいです。

 

イグアナさんの限定撮影メニューや、ブランティング担当の私のコンサル付きメニューなどお知らせが届きます。